あそこが臭い人の対策

あそこの臭いは自分でも嫌なのですから、当然周囲にも嫌な臭いです。
ここではあそこの臭いを防ぐ簡単な3つのポイントを伝授します。

 

生理の時、ナプキンをきちんと取り換える

当たり前のことで、生理中に使うナプキンはたとえ汚れていなくても
きちんと取り換えましょう
たとえば3時間に1回取り換えてもいいのではないでしょうか。
雑菌が目に見えませんから、汚れていないようでも雑菌はいます。
時間が経過するにつれて雑菌は増え、あそこが臭うようになります。

 

専用のソープを使い正しく洗う

あそこを清潔に保つためには、あそこを洗うのが基本ですが、
何でどのように洗い方かがポイントになります。
できるだけあそこは専用のソープを使うことと、
正しい洗い方である泡で洗う感じで丁寧にやさしく洗いましょう。
なお、あそこ専用のソープは無香料・無色素で弱酸性のものにします。

 

あそこの通気性を常に考える

あそこの通気性を良くすることで臭いの発生を防ぐことができます。
したがって、ストッキングやガードルなどを重ね履きは通気性が悪くなります。
やむを得ず長時間着用する時はできるだけゆとりのあるものにしましょう。

 

ここまでのまとめ

以上があそこの臭いを防ぐための3つのポイントで、おさらいをすると、
ナプキンをこまめに取り換えること、あそこを正しい方法で洗うこと、
あそこが蒸れないように通気性に配慮することです。
それは分かっていると、頭では理解していても、
日常生活ではともすればお座なりになりますから、これらのポイントを守らないと。
あそこが臭うようになります。

 

ちょっとしたニオイへの工夫

女性のデリケートゾーンのケアは、とても難しいものです。
洗い方一つとっても、入念に、気を使ってあげなければなりませんし
しかもちょっとした不手際でニオイやかゆみが生まれてしまいます。

 

今回は特にニオイについて、二つの考え方で対処してみてください

 

問題へのアプローチ

ニオイという問題への解決に、2パターンのシナリオがあります。
まず一つ、膣内の善玉菌を使って、ニオイの原因菌を増やさせない
言い換えれば、膣に直接働きかける、アプローチするということです。

 

もう一つが、デリケートゾーンとは違う部位に工夫をして、ニオイをカモフラージュするということです。
この二つについて見ていきたいと思います。

 

 

善玉菌を減らさないようにする

ニオイの原因は、はっきり言うと余計な悪玉菌によるものです。
ですので、ニオイのでどころ、悪玉菌が繁殖している部分をしっかりと洗浄することが大切です。

 

しかしだからと言って強く洗浄してしまえば、悪玉菌とともに善玉菌も流されてしまい
結果的に治らないどころか、悪化させる危険も持ちます。
大切なのは、使う石鹸の種類と、すすぐときのお湯の温度です。

 

 

洗浄力の強い石鹸は使わない

洗い方も危険ですが、やはり洗浄力の強い石鹸を直接使ったりするのは全くおすすめできません。

 

ニオイが強いとどうしても、それを打ち消すように強い石鹸を使いたいものですが、
それがあだになる可能性も十分になります。

 

使う石鹸は弱酸性なのはもちろん、肌への刺激が少ないものを選ぶのが大前提です。
これは美容液でも同様です。

 

 

すすぐお湯の温度も低めのぬるま湯で

菌は基本的に高温に弱く、簡単に死滅していきます。
石鹸だとすすぎにも時間がかかるため、石鹸で洗うのは軽くで、すすぎで入念に洗いたい
という方法も考えられますが、温度が高すぎるのも考え物です。

 

なぜなら、高温だと善玉菌まで死んでしまうためです。
要するに、強い石鹸で洗うのとほぼ変わらず、治らないとか悪化の可能性が高まるということです。

 

洗うということだけでは解消できないのかと思われそうですが、
悪玉菌だけを減らすということができない以上このようになるのです。

 

たとえ善玉菌と悪玉菌を両方根こそぎ減らしたとしても、
デリケートゾーンは経血や尿などが頻繁に付着する部分ですので
どちらが素早く増えるかと言えば、悪玉菌のほうが素早く増えてしまうのです。

 

そこで、フレグランスを用いてニオイを打ち消すという方法があります。

 

 

ニオイをカモフラージュする

女性用の香水は、非常にたくさんの種類があります。
香水やフレグランスを使ってカモフラージュすることも一つの手です。

 

例えば汗臭さを消すために香水を使っているという人も多いと思いますが
それと同じことをデリケートゾーンでもやってみてください。

 

ただし、デリケートゾーンに直接香水を振りかけるのは非常に危険です。
わきのニオイと香水の匂いが混ざってとんでもないニオイになることがありますが
それと似たようなことがデリケートゾーンでも起こる可能性もありますし
デリケートゾーンはとても敏感なため、かぶれたりかゆみが起こる可能性があります。

 

ですから、香水は普通に使いましょう。
つまり手首、耳の後ろ、首筋などに普通に使うということです。
不通に香水を使うことで、意外と自分でも気にならなくなり、気分的にも良いかと思います。
陰部 臭い