ギフトにはカタログギフトやフラワーギフトもあります

ギフト知識

寄贈品

gift

ギフトとは、寄贈品や進物のことです。寄贈品と進物とは、人にあげる贈り物という意味があります。よって、何らかの理由によって、他人に無償で贈る品物のことをギフトと言うのです。

ギフトは、何もない時に贈ることもあります。しかし、一般的には何か特別なことがあった時に贈ります。
特別なことというのは、結婚記念日、引越し祝い、新築祝いなどのような時です。また、出産祝いや結婚祝いに贈る時もありますので、おめでたい時やお祝いごとの時に贈られることがわりと多いです。
また、お祝いをもらった方からお返しの品物が贈られることもあります。出産祝いをもらったら、出産内祝いを返すというように、お祝いとお返しはセットになっている場合もあります。こうしたお返しには、お世話になった人への感謝の気持ちを伝える意味があるのです。

お祝い

celeblate

人生には、様々お祝いごとがあります。そして、ギフトはお祝いごとの時に贈られるのが一般的です。

お祝いをあげるタイミングとしては、親族または友人・知人におめでたいことが起こった時です。例えば、結婚、出産、入学式、卒業式、成人式などの行事があります。
また、長寿祝い、栄転祝い、快気祝い、退職祝いなどもあります。新築祝いや開店祝いなどもありますので、おめでたいことがあった時にギフトを贈る習慣があるのです。

そして、お返しをあげるタイミングとしては、親族または友人・知人からお祝いをもらった後です。例えば、結婚内祝いや出産内祝いはその代表的な例です。また、全快のお礼として、会社の人やお見舞いに来てくれた人に快気祝いを贈ることもあります。

贈り物は無償であげる物ですが、文化としてお返しの習慣が存在しているのです。

品物

ギフトに選ばれる商品は、食品、食器、日用品、雑貨、寝具、洗剤など色々な物があります。また、商品ではなくカタログギフトや商品券を贈ることもあります。

お祝いごとに花束をプレゼントすることもありますが、贈答用にラッピングされたお花はフラワーギフトと呼ばれます。
ギフトは梱包材を使ってラッピングをされます。ラッピングをすると、買った商品をそのまま渡すよりも贈答用だということがわかりやすくなります。
買った品物のラッピングを頼むと、店頭では商品代と別にラッピング料金が発生することがあります。また、ラッピング用品の専門店などもありますので、贈り物として買った商品を自分でラッピングして渡すことも可能です。

ヘッドライン

catalog

選ぶ

カタログギフトとは、カタログをもらった人が冊子に載っている品物の…

flower

贈答用

フラワーギフトとは、贈答用にラッピングされたお花のことです。具体…