痛みと臭いがあるデリケートゾーンのトラブルについて

デリケートゾーンはその名の通り繊細で、
ちょっとしたことでトラブルが起きやすい部位です。
臭いが強いことから始まり、痒くなったりしますが、
痛くなるとただ事では済まないことがあります。

 

デリケートゾーンが痛くて臭いがきつい場合は病気を疑う

デリケートゾーンが痛くなる病気には、性病の梅毒などのほかに、
大腸菌などでの細菌性疾患や性器ヘルペスなどがあります。
大体は小陰唇や大陰唇が痛くなり、同時に臭いもきつくなります。
臭いと痛みに異常を感じたら恥ずかしがらずに病院で診察を受けなければなりません。
そのままでは治ることはありませんし、ひどくなるばかりです。

 

臭いと痛みがある病気

デリケートゾーンの臭いと痛みがある病気には、外陰潰瘍があります。
外陰潰瘍には細菌性のものですが、場合によると梅毒スピロヘータや
ヘルペスウイルスなどの可能性もあります。

 

治療には、抗ウイルス剤や抗生物質が使われます。
性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスが原因ですが、
水泡のようなものができたらすぐに病院へいきましょう。

 

ほかにはバルトリン腺炎やバルトリン線膿腫があります。
バルトリン腺の炎症ですが、軽度ならば抗生物質で治ります。
しかし重度になると切開手術をすることもあります。

 

ほかの恐ろしい病気もある

ここまでは治療すれば治すことができる病気ですが、デリケートゾーンの悪臭と強い痛みの病気には、
外陰癌というガンも稀にあります。
また、ページェット病も大変な病気ですから、デリケートゾーンが異常に悪臭を発して、
痛みが激しい時は、まずは病院で診察を受けることが大切です。
手遅れになると取り返しがつかなくなる病気もあることを覚えておきましょう。
あそこ 臭い